読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米大統領線で専門家の読みが外れた訳(断片的試論)

米国大統領選にて専門家の予想や世論調査が正しく予測できなかったことを個人的にはもっとも検証したいと思っています。

政治学者や評論家が事後解説で「読み違いをした」という話をしていたのですが。それ以前に、日本だけではなく、米国でもメディアというのは比較的リベラルなネイチャーを持つという事に原因があるんじゃなかろうかと思っています。仮説として。

メディアの傾きをWasington Postが調査した記事があるのですが。

www.washingtonpost.com 

以下にその結果の図があります。この図もメディアが作ったアンケートと統計的な処理でしょうから、このデータを信じることへの自己矛盾があるのですが。

直感的に見て回答者の重心からやや気持ち左にどうしても偏っているように読み取れます。この調査をしたWasington Postもリベラルです。

https://images.washingtonpost.com/?url=https://img.washingtonpost.com/blogs/the-fix/files/2014/10/PewNew2.gif&op=noop

 

つまり、そもそもの専門家たちが、米国民の声を伝えるバランスの良い意見ではなかったのではないかということです。専門家の予測が外れたというよりは、聞こえてきた意見がリベラルよりの意見が多かったという。