バラモン教時代のタンブン的発想(覚書)

供犠によりカルマを高めると、その見返りがあるはず。それが必然的な結果とならねばならない。もしそれが現世で発言しなければ、来世にて現れる。(=タイのタンブン的な思想のあらわれ)